春の雪、そして野鳥。

 
朝起きると昨夜に降った雪が積もっていました。

フキノトウはちょっと寒そう。

 

積もった、と言っても大した量ではないのでエゾシカたちはいつものように笹の葉を食べていました。

 

午後は用事があって斜里、小清水方面へ。

気温も上がってきて雪もあっという間にとけたようです。

 

空にはヒシクイの群れ。

ザァァァァァ・・・という感じの羽音が迫力があります!

 

ヒシクイたちがいた畑の横の木に・・・

鳥が鈴なり!

 

ヒレンジャクでした♬

 

タンチョウさんもお散歩してました。

人が暮らすすぐそばにたくさんの野鳥。

人にも鳥にも動物にも、いい町なんだな。